メタルゾーン

今回はエフェクターレビューです。
今後、エフェクターレビューはこのブログのメインコンテンツになるかもです。

そんなレビューの第一回は当然こいつです。
みんな大好きで大嫌いなメタルゾーンです。

なんでも、BOSS史上1番売れたペダルだとか。
なのにライブで対バンの足元にほとんど見掛けません。

嫌われる理由としてどうやってもメタルゾーンの音になっちゃうっていうのがありますが、
逆に言うとそれだけ個性的っていうことなんですよね。
大量に出回った個性的なペダルなのに、なぜかスタンダードになりきれない。
どちらかというと反面教師的に扱われる始末。
メタルゾーンっぽくて嫌とか。

自分は一時期ele-phantのメイン歪みとして使ってました。
去年リリースした1stアルバムではこれをメインに音作りしてます。
今は使っていませんが…

ベースでの使用ですので一般的ではありませんが使用感でも。

歪みの質ですがハイゲインで軸が薄い印象。
ビッグマフ系のように音壁感は少なく、
どちらかというとリードギターに合いそうな抜け感。

ブリッジミュートの音は最高です。
メタリックなリフ弾くと本当に気持ちいい。
でも白玉で弾くとなんか迫力がない…
この独特な薄さを埋めるため、他の歪みと合わせて使ってました。
チューブギターアンプで軽くクランチしたチャンネルを作り、
メタルゾーンの歪みは9時程度の控えめで突っ込んだり、
パラレルでファズとミックスして使ったり(自分はベリンガーのsuperfuzzを使ってました)。
メタルゾーンでは出しにくい倍音感を真空管やファズで補充する感じです。

特徴的な3バンドイコライザーは良く言われる通り、非常に効きが良いです。
でもなぜか音が作りにくい…上手いこと好みの音が探せない。
もちろん技量の問題もあるのですが。

特にハイ音域の調整が難しいです。
抜けやうるささを稼ぐためにハイは必要なんですが
ハイを上げると上述の軸の薄さが目立つとともに耳触りな倍音が強調されます。
当然なことではあるのですがこの辺の調整が難しい。

なぜかいいところよりも気になるところや使いにくいところを上げたくなっちゃう、
そんなメタルゾーンですがやっぱり大好きなんです。
ちょうど俺が楽器を始めた頃にバカ売れしだして、
あこがれを持っていたからなのかな。
友達が持ってるのがうらやましかったし。

いまでもなんとか使いこなせないものかと定期的にペダルボードに乗せたりします。
自分の中では定番なので他の歪みと比べる基準だったりします。
黒とオレンジのあの配色もなんか愛らしくて好き。
外でこの配色を見ると「あぁメタルゾーン配色ね。」とか思っちゃうくらい刷り込まれてます。

そんなメタルゾーン。
これからも大好きなペダルであり続けるでしょう。

ステージで使うことはないかもしれませんが…

0 件のコメント:

コメントを投稿