METALZONE mod

以前、BOSS MT2 METALZONEのレビューは書きましたが、
改造してみましたので再レビュー。

改造内容は一般にdiezel modと呼ばれる奴。
diezelアンプに近い音になるんだとか。
diezelは使ったことが無く、思い入れもありませんが、
アンプライクな音になるという点から改造した次第。

内容としては基盤の以下の番号を差し替えたり、外したりと簡単な作業。
ちなみに取り外しについてはジャンパーなどせず、外しっぱなしでOKです。

Diezel mod:

C35 : remove
C34 .047uF
C25 : remove
these three mods remove harsh 

C42 1uf
D3 LED
D4 1n4001 
------ make the sound more dynamic and full
C36 .1uf----- EQ more usefull

この手の改造法、ウェブで調べるとたくさん出てきます。
配線図なんかも探せますので参考になります。

部品は秋葉原の秋月商会などで購入。
秋葉原というと模型趣味の方でお世話になってる町ですが
最近は電気街にも行くようになりました。
なんともディープな世界。
熱気と閉鎖感にくらくらきます。

ちなみに部品代は合計で200円くらいですかね。
 
で、肝心な音ですが、
かなりいい感じ。
metalzone特有のジリジリ感が収まり、コードでも抜けのいい歪み。
metalzoneというとEQの効きが強いですが
改造でだいぶマイルドになります。
とはいえ、十分な効きはあり、何というか、
パライコの山が高さはそのままになだらかになったような印象。
音作りしやすくなりました。

俺の好きなディストーションに
マクソンのソニックディストーションというのがあります。
適度に原音感を残しつつ倍音が強調され、
非常に抜けのいいディストーションです。
そのソニックディストーションをmodして
ゲインアップできるようにしたモデルがibanezから出てます。
今回のメタルゾーンmodはそれをさらにハイゲインにしたかのような出音。
要はハイゲインながら原音感がしっかりあって抜けがいい。

エフェクターの改造は過去にジャックの増設なんかはやったりしてましたが、
基盤に手を入れたのは初めてです。
面白いものですね。

回路の意味なんかは全くわかりませんが。

0 件のコメント:

コメントを投稿